旅は犬連れ相棒はハルノスケ

人生が旅ならば、私は今、犬連れで旅をしています。

「種山高原 星座の森」 ① 初日編

ハルノスケが我が家に来てから2年半。この間、泊まりでの旅行を全くしていない。そう、ワンコがいるとそういうのって、ちょっとハードル高くなりますよね。。。

でもたまには行きたいし〜。

でも旅館とか泊まったら、お部屋のあちこちにそそうをしたり、家具に噛り付いたり、人の夕食時に犬だけ部屋に1匹で置き去りにされて淋しくてギャン鳴きして他のお客さんなどに迷惑かけるんじゃないか。。。と考えて宿泊に踏み切れない。

 そこで考える。

ポクポクポクポク、チーン!

 

そうだ、コテージへ行こう! U^ェ^U

 

コテージなら戸建でお隣さんと離れているので、万が一ハルノスケがワンワン吠えても、同じ建物内にいるよりは聞こえない。それだけでも大分飼い主のストレスが減るってもんよ。てなことで、

 

岩手県奥州市にある、「種山高原星座の森」のコテージに、ハルノスケと一泊してきました。

ここは、8棟あるコテージのうち、2棟が犬OKとのこと(要予約)。

 

ここには20年くらい前に仲間で泊まったことあります。その時と変わらぬ雰囲気に懐かしさが込み上げる!

 

コテージ自体は古さが否めませんでしたが、中はきちんと掃除されていたので全く気になりませんでした。

二階建で吹き抜けになってて、開放感ある造り。

二階はベッドルーム(ベッド6つ)、一階にリビング、キッチン、トイレ、洗面所、シャワー室がありました。

ちなみに二階は、犬は入ることは出来ません。犬OKは一階のみ。なので、就寝時は人は二階のベッド、犬は一階に寝床を作ってあげて…となります。もしくは、寝袋持参で人も一階で寝る???

 

ハルノスケにヒマチーを預けてしばらく放置。あちこち物色してから、”そういやハルノスケは大丈夫か?”と、二階から一階をを覗くと

 

f:id:tabi48haru:20170522175942j:plain

まだヒマチーに夢中(笑)

 

やっぱとっておきオヤツは違うよね(ヒマチー=ヒマラヤンチーズ)

 

荷物を整理したあと、周辺を散歩。高原なので、目に入るのは牧草地帯か周辺の生い茂る植物と、遠くの山々のてっぺん。風の音と、鳥の鳴き声しか聞こえない。

夕暮れ間近の低い太陽、オレンジに染まるハルノスケ。

f:id:tabi48haru:20170522180029j:plain

 

散歩の後はセンターハウスの中にある「薬草風呂」へ。入浴料200円良心的。お風呂はそんなに広くはなかったけど清潔。

そして、誰も入っていなくて貸切状態だった。快適すぎて旅の疲れ癒える(*´꒳`*) ♫

ずっと入っていたかったけど、車の中で不安げな顔で待っているであろうハルノスケを思い出し、適度なところで切り上げる。。。

私がお風呂に行ってる間、ハルノスケを車に留守番させました。(⌒-⌒; )

 

ちなみに、センターハウスの中には、お風呂の他に、事務所や、売店がありました。売店では、キャンプ用の薪とか割り箸とか菓子パンが売っていました。

 

 

今回の旅で一番の不安は、ハルノスケのトイレでした。家では完璧だけど、他所の家ではどうなのか。

自宅で使っているトイレ一式持って行って、コテージのリビングに設置したところ、ハルノスケはちゃんとトイレに行ってシートにオシッコしていました。あとは外に出た時に草むらでしてただけ。偉い!お前、偉い!それだけで、今回の旅をしてみた甲斐があるってものよハルノスケ!

f:id:tabi48haru:20170511135140j:plain

 

 てことで、

なんか疲れたので20時には就寝。夜勤明けだけどろくに休まずにここへ来たので、あっという間に爆睡。

 

ところが夜中2時にハルノスケが起きちゃって、それで私も目が覚めた。どうしたハルノスケ。

ハルノスケは、強風で建物がギシギシ言うのが怖くて耐えられなくなったもよう。

2時か。。。

そういやここは星座の森という名前なのに、まだ全く星空見上げてなかったよ。

てなわけで、終わったあとの足拭きが面倒なので、ハルノスケを抱きかかえて外へ出てみた。

満天の星空、すげー!

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

普段は見えないような弱い星の光まで見えた。

 

…寒ッ!!!(>_<)

 

すぐ中に入ってまた寝た。その時にはハルノスケも落ち着いていた。

 

続きは、次の記事「翌日の朝編」へ。

 

 ↓今回の宿泊先。

www.esashi-iwate.gr.jp